02-研究会について

会長ご挨拶


臨床コーチング研究会 会長 松本 一成
臨床コーチング研究会 会長
医療法人白十会佐世保中央病院糖尿病センター
センター長
松本 一成

日本臨床コーチング研究会のホームページへようこそ。

本会は、「医療者の、医療者による、医療者のためのコーチング」をめざして2006年に設立された研究会です。

本研究会は、コーチングを医療に応用することによって、患者さんも医療者も幸福になることを究極の目標にしています。そして本研究会の最も特徴的なことは、会員がすべて医療関係者であることです。

日本臨床コーチング研究会は、以下のような活動を積極的に行っています。
1) 患者さんの生活の質(QOL)の向上に貢献する。
2) 医療者同士の関係性の構築と改善に貢献する。
3) 医学教育の充実に貢献する。

コーチングを実践するためには、知識が必要です。しかし、知識を得ることだけではコーチングをうまく使うことはできません。実際にコーチングを使って繰り返し練習することが必要なのです。このあたりはスポーツや武道と似ています。コーチングスキルを覚えることは、ゴールではなくて始まりなのです。

本研究会では、学術集会やスキルアップセミナーを開催して、知識を得る場・経験を積む場・成功例や失敗例から学ぶ場を提供しています。

患者さんが納得する医療を提供したいと思っているあなた、自分の勤務先を明るい職場に変えたいあなた、本当のチーム医療を推進したいあなた、これからの医療を担う若手を育成したいあなた。
私たちは、そんなあなたの参加を心より歓迎いたします。

このページの更新日:2015/09/07

>>このページのトップへ