03-臨床コーチングとは

臨床コーチングの重要性


コミュニケーションは「ちょっとしたコツ!」で劇的に改善されます。

なぜ「そんなことを自信をもって言えるのか?」ですって?

実は、臨床コーチング研究会は「なぜ、うまくいかないだろう?」と困っていた医療従事者たちが「自らの問題を解決するために勉強しあってきた」ことをベースとしているからです。


[[[コーチングは"あなたの潜在的な力"を引き出す手法]]]

あなたには、自分も気が付かなかった力が潜んでいます。
あなたがコーチングを学び、実践することで、患者さん、ご家族、そして職場の同僚たちの力を引き出します。

[[[コーチングの基本は3つ]]]

9.jpg
1.聞くこと
2.質問すること
3.伝えること
がコーチングの基本になります。
特別な話術は必要ありません。
誰もが身につけることができる「ちょっとしたコツ」なのです。

[[[医療のためのコーチング術]]]

「医療現場の3つの特殊性」があります(詳細はコチラ)。
医療現場にあった「コーチング」を学びましょう。


[[[怒っている人を味方に変えてしまいましょう]]]

「なぜだ!納得できない!」といつも怒っている方に、理屈で対抗しても溝は深まるばかりです。
「聞く・質問する・伝える」の3つの基本を実践しましょう。
怒っている人が「話しを聞いてくれてありがとう。よくわかった。やってみるよ。」に変わるのです。

[[[命令では人は動きません!]]]

患者さんへの言葉のかけ方ひとつで、患者さんの気持ちも変わるものですよね。
いつも忙しそうにしている職場も、言葉次第で、ひとつにまとまったチームに変わることもあります。
あなたの言葉で、心を1つにしましょう!
あなたには、その力があるのです。

このページの更新日:2010/04/11

>>このページのトップへ