04-臨床コーチングQ&A

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q1.
私は、人のお話を聞くのは好きですが、人前にでると、緊張して上手に話せません。
私でも臨床コーチングは学べるのでしょうか。

A1.
はい、大丈夫です。そのような悩みを持った人のための研究会です。
人のお話を聞くのが上手な人は、それだけで、コーチングの素晴らしいスキルをお持ちです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q2.
コーチングのセミナーは数多く開催されています。
臨床コーチングは、一般的なセミナーと何が違うのですか。

A2.
一般的なセミナーは、医療に特化したものではありません。
ビジネス用のスキルがメインのため、必ずしも医療現場で必要ありません。
また医療向けセミナーであっても商業ベースのために大変費用が高く設定されています。
臨床コーチングは、非営利の学術組織であり、会の運営のために最低限必要な費用しか頂いておりません。
またセミナーの内容も医療者自らが開発したメディカルサポートコーチング法やメディカルマネージメント法をベースとしたコーチングスキルをご紹介しております。
さらに研究会を通して、さまざまな医療コミュニケーション技術を日々研究・発展させていく場でもあります。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q3.
自費での参加を考えています。
働いている病院の許可がなければ入会できませんか。

A3.
医療従事者であれば、どのような立場の人も参加可能です。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q4.
私は、説明が上手ではないせいか、患者さんに伝わらず、イライラさせてしまいます。
上手に話すことができるようになりますか?

A4.
コーチングスキルをひとつずつ身につけることで、必ず現状のコミュニケーションレベルはアップできると思います。
ただしコミュニケーションは水ものですので、コーチングスキルはすべてのコミュニケーションに成功できる魔法のスキルではありませんので、ご了承ください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q5.
重度の患者さんの病棟で働いています。
気持ちだけでも元気になって治療をがんばってほしいです。
そのために何か目標をもってほしいのですが、そのための方法もありますか。

A5.
本会でのコーチング理論のベースとなっているメディカルサポートコーチング法には、「目標達成のための3ステップ法」というスキルがあります。セミナーを受けていただければ、習得可能です。
また禁煙、糖尿病指導、リハビリなど、慢性疾患に特化したコーチングスキルセミナーも予定しておりますので、ぜひご参加ください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q6.
同僚の看護師と、患者さんのことで話しをすると、いつも言い争いになってしまい、イヤな思いをしています。
相手にわかってもらえる方法はあるのでしょうか。

A6.
まずは基礎コーチングスキルを身につけられることをお勧めします。
「聴く」「質問する」「伝える」の順番で基礎スキルを活用してくことで、スムーズな会話の流れがつくりやすくなります。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q7.
患者さんや、ご家族からの苦情を聞かなくてはならないかと思うと仕事に行くのが嫌になります。
なぜこんなことで?と思うようなことでも、苦情をおっしゃる方への対処方法を学べますか。

A7.
クレーム対応スキルについては、特別に設けておりませんが、コーチングスキルを学べば学ぶほど、丁寧に聴いたり、上手に質問したり伝えたりするスキルがアップして、クレーム対応もやりやすくなると思います。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q8.
臨床コーチング研究会に入会したら、どのくらいの頻度でセミナーに参加するのですか。

A8.
ご自分のペースで大丈夫です。
セミナーは年間2回開催を予定しており、参加しやすい会場で受けていかれると良いかと思います。
認定制度もスタートする予定ですので、基本のセミナーから受けていかれると良いでしょう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q9.
入会費や会費は、請求書や領収書はでますか。

A9.
はい、領収書はお金と引き換えにお渡ししております。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q10.
看護師になって2年目です。
職場になかなかなじめずに悩んでいます。
私のように経験が短くても、参加できますか。

A10.
経験は全く問題ありません。
むしろお若い方が、現場にスムーズに仕事になじむために、ぜひ身につけていただきたい手法です。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q11.
職場での人間関係に悩んでいるため、臨床コーチング研究会に入会したいのですが、職場には知られたくありません。
会員名簿が公表されるなどはありませんか。

A11.
会員名簿は公開しておりませんので、ご安心ください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q12.
セミナーの修了証をいただけたり、資格は取れますか。

A12.
まず知っておいていただきたいのですが、コーチングの資格は、どの団体のものも全て私的なもので、公的資格は存在しません。
当研究会でも、平成22年より認定制度をスタートさせる予定です。
既定のセミナーを受けて、認定試験を受けていただくと認定がとれる仕組みになると思います。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q13.
セミナーは、講義を聴く形になるのでしょうか。
話し方や聞き方の実践的なセミナーもあるのですか。

A13.
座学中心の講義もありますし、ロールプレイ中心のセミナーもあります。
ご安心ください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q14.
セミナーを受講する際に、テキストは無料でいただけるのですか。
それとも購入しなくてはいけませんか。

A14.
テキストは、セミナーに参加されますと配布資料という形で無料でお渡ししております。
もしまとまった理論図書がお読みになりたければ、「研究会おすすめ基本理論図書」のコーナーからニーズにあった内容のものをお選びください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)

Q15.
私は、すでに一般的なコーチングを学んでいます。
医療に特化したコーチングの部分のみを学ぶことはできますか。

A15.
一般コーチングは、流派によって内容も理論も質もバラバラです。
当研究会のセミナーで学んでいただく理論も一般コーチングと理論が重複する個所もあるかと思いますが、まったくのオリジナルなところもたくさんございます。
基本的には、基礎から受けていただくことをお勧めします。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●(▲このページの先頭へ)